よくあるご質問

ナビゲーションバー
 
7.マイクロスピーカーの仕様を決める方法は?

まず、クライアントは入力電源に基づいて決定する必要があります。 3.3V電源の場合(携帯電話のようにバッテリーをステップダウン変換することで実現)、クライアントは通常4オームまたは8オームのマイクロスピーカーを選択します。 4オームスピーカーの場合、入力電力は通常0.5Wです。 8オームスピーカーの場合、入力電力は通常1.0Wです。 5.0V電源の場合(USBが提供するソースとして)、クライアントは通常、入力電力1.5Wの4オームスピーカー、または入力電力2Wの8オームスピーカーを選択します。

スピーカーのサイズを考慮すると、他のすべてが等しい場合、サイズが大きいほど、サウンドのパフォーマンスが向上します。クライアントは、丸くないマイクロスピーカーを避けることをお勧めします。音波は通常球形であるため、非円形スピーカーは2つの共振周波数を生成する場合があります。1つは中央に、もう1つは非円形のシルエットによって作成されます。これにより、周波数応答がフラットになるのを防ぐことができます。ただし、機械設計によりスピーカーの形状が制限されるシナリオでは、SPLを最大化するために、クライアントは楕円形または長方形のスピーカーを選択できます。これは、PC、携帯電話、モニター、またはTVアプリケーションで一般的です。

     

 

 

 

 

 

 

2F No. 207, Section 6, Zhongshan North Road, Shilin District Taipei City, 111, Taiwan (R.O.C.) TEL: +886-2-8866-5255
Fax: +886-2-8866-5250
sales-tp@aatc.tw