よくあるご質問

ナビゲーションバー
 
9.オーディオ信号を入力する際に注意すべきことは何ですか?

サイン信号が出力SPLと振動を妨げるため、方形信号をブザーに入力することをお勧めします。さらに、歪んだ正弦信号もノイズを生成するため、純粋な正弦信号の生成は困難です。クライアントは方形波のデューティサイクルを調整することでSPLを制御できます。50%のデューティサイクルでは最大のSPLが得られ、1%のデューティサイクルでは最小のSPLが得られます。上記の指示は、ブザーが定格周波数で動作する場合に適用されます。

サイン信号をマイクロスピーカーに入力することをお勧めします。ブザーは振動メカニズムのおかげで方形信号に耐えることができますが、マイクロスピーカーは方形信号で長時間入力されるとコイルが焼けてしまう場合があります。したがって、クライアントは、人間の耳により快適なビープ音を生成するために、サイン信号をマイクロスピーカーに適用することをお勧めします。

技術的には、フーリエ変換に関しては、サイン信号は基本周波数のみで構成される「純粋な」信号です。方形信号は、基本周波数と奇数の高調波周波数で構成され、人間の耳にノイズのような要素を追加します。

     

 

 

 

 

 

 

2F No. 207, Section 6, Zhongshan North Road, Shilin District Taipei City, 111, Taiwan (R.O.C.) TEL: +886-2-8866-5255
Fax: +886-2-8866-5250
sales-tp@aatc.tw