よくあるご質問

ナビゲーションバー
 
4.ブザーの駆動回路の設計方法は?

容量性負荷としての圧電ブザーは、周期的に充電および放電する必要があります。 Cientはブザーをサイクルで放電することを思い出させます。これは通常、ブザーと並列に抵抗を配置することで実現できます。

誘導性負荷としての電磁ブザーには、トランジスタなどの適用可能な増幅器が必要です。トランジスタには、磁気ブザーの定格電流の3倍の電流が必要です。たとえば、磁気ブザーの定格電流が100mAの場合、トランジスタは300mAに耐えることができなければなりません。さらに、ノイズを避け、周囲の回路を保護するために、磁気ブザーと並列にダイオードを配置することをお勧めします。誘導性負荷には逆起電力があるため、ダイオード、好ましくはショットキーダイオードによってそれをキャンセルする必要があります。

一般的に、ブザーで連続音を生成するのは簡単です。クライアントが連続動作を保証するだけでよいからです。断続的な音に関しては、インジケータは内蔵のオン/オフ回路を利用して断続的な音を生成します。オンオフ回路は、高速断続音または低速断続音用に設計できます。一方、トランスデューサーは、カスタマイズされたモジュールまたはオシレーターによって生成されるオンオフ信号を送信することをクライアントに要求します。

     

 

 

 

 

 

 

2F No. 207, Section 6, Zhongshan North Road, Shilin District Taipei City, 111, Taiwan (R.O.C.) TEL: +886-2-8866-5255
Fax: +886-2-8866-5250
sales-tp@aatc.tw