紹介アコースティック

ナビゲーションバー
 
健全な要素とは何ですか?

たとえば、ブザー、スピーカー、レシーバー、マイクなど...
        音 - 空気の振動。

        
        
        空気振動(音源)→圧力変化(音波)→鼓動振動→音声認識
        
        音が振動したときに発生する空気圧を音圧といいます。音圧が高密度で、1秒間にこの変化が周波数の数を繰り返す。
        
        音のラウドネス→単位:dB(dB)
        音高→単位:Hz(Hz)
        音圧レベル(音量)について人々が普通に聞くことができる最小の音量は0dB(20μPa)です。これは音圧の基準です。
        
        約20dBの通常の会話で約60dBのライトレール約100dBの囁き声
        
        音源距離が遠くなるほど音が小さくなります。
        
        
        
        周波数(音の高さ)では、耳には通常「20Hz〜20,000Hz(20kHz)」の「音」周波数帯(可聴周波数帯)が聞こえます。ここで、より多くの「2kHzの〜4kHzの」サウンドゾーンが最も効果的で聞くことができ、音の要素の使用は「2kHzの〜4kHzの」。
        
        ※高齢者は3kHz以上の音が聞こえにくいです。

        

     

111台北市士林區中山北路六段207號2F TEL: +886-2-8866-5255
Fax: +886-2-8866-5250
sales-tw@aatc.tw